食生活をしっかり見直す|糖尿病と闘うなら食事を配慮するべし|輝く明日へ

糖尿病と闘うなら食事を配慮するべし|輝く明日へ

男性

食生活をしっかり見直す

食事

食から気軽に改善する

糖尿病患者は血糖値の急激な上昇を抑えるために食事を制限する必要があります。しかし、その制限は過酷なものではなく、むしろ健康的な生活を送る手助けになるものです。しかも、味も普段の食事とほとんど変えない食事を楽しめるので、治療しながら生活のリズムを整えることができます。糖尿病患者に推奨される食事は、野菜や豆腐などの大豆食品が用いられることが多いです。これは、嵩増しして満腹感を得やすくする効果があるためです。また、塩分が控えめにしてある代わりに、うまみ成分を活用して味付けがされているので、余計な雑味がなくなっておいしく感じられます。さらに、スイーツは糖尿病患者用にインスリンを必要としない、あるいは少ないインスリンで済むような糖を用いて甘く味付けされているので、甘いものが好きな人でもスイーツを楽しむことができます。健康的に血糖値を抑えながらバランスの良い食事を摂れるため、非常に効果的です。

注意すべきことは

糖尿病患者はお酒を控えることが大切です。糖尿病患者は、食事療法と並行して投薬を行うことが多いです。投薬量は治療が順調に進めが減らされることもありますが、基本的に治療に用いられる薬とアルコールは相性が悪いです。そのため、副作用が出やすくなったり低血糖状態になったりします。お酒はできれば全く飲まないという覚悟を持つことが大切でしょう。また、フルーツも注意です。フルーツに含まれる果糖はインスリンを必要としないので、糖尿病患者にとってはうれしいのですが、食べ過ぎると栄養バランスが偏ってしまい、治療効果が落ちることがあります。毎日80〜100kcal程度を目安に摂取すると、適度に栄養補給に役立ちます。フルーツは毎日同じものよりも、違うフルーツを季節ごとに食べてみると、新鮮さも味わえて食事が楽しくなります。